筋肉サプリに含まれている成分の効果と副作用は?HMBは危険?

HMBを主成分とする配合型の筋肉サプリには、HMBの効果を高める副成分が多数含まれています。

私は、HMBもジムのトレーナーに教えてもらって初めて知ったけど、ほかの成分も筋トレ初心者にとっては耳慣れない成分が多い。

そこで、HMBをはじめ、筋肉サプリによく含まれて成分の効果と副作用を紹介します。

HMBの効果と副作用

HMBには、筋肉の合成をサポートしたり、筋肉の分解を防ぐ効果があります。

HMBは、必須アミノ酸のひとつ「ロイシン」が体内で使われたときにできる生成物。
ロイシンは体内で生成できないため、食べ物から摂取するしかありません。

通常、私たちはお肉などのたんぱく質からプロテインを摂取していますが、体内でプロテインが分解するとロイシンが生成され、ロイシンが分解するとHMBが生成される。

つまり、HMBは肉を食べることで摂取できる成分

「筋肉をつけたいなら肉をガッツリ食べろ」とよく言われますが、まさにその通りで、あまり意識していなかっただけで、私たちは日常的にHMBを摂取しているんです。

そう考えたら、「副作用があるんじゃ…」って心配すること自体、心配しすぎというよりちょっと滑稽。

HMBに危険な副作用はありません。

BCAAの効果と副作用

BCAAには、筋肉の分解を防ぐとともに、疲労感を軽減する効果があります。
HMBの効果をより高める作用があると捉えてください。

BCAAは、バリンロイシンイソロイシンの3つの必須アミノ酸の総称で、分岐鎖アミノ酸とも呼ばれます。

HMBはロイシンから生成される成分で、ロイシンは肉を食べることで摂取できる、ということは「BCAAも肉を食べることで日常的に摂取している成分だな」ということは想像できますよね?

HMB同様、危険な副作用はありません。

クレアチンの効果と副作用

クレアチンには、筋肉の合成をサポートしたり、運動のパフォーマンスを上げる効果があります。
疲労軽減の効果もあるので、筋肉アップを加速させたい人は積極的に摂取したい成分。

クレアチンは有機酸の一種で、私たちの筋肉中に存在するエネルギー源のようなもの。
やはり、肉や魚を食べることで摂取できる成分ですが、食品から摂取できるのはごく微量

このため、パフォーマンスをアップさせたいスポーツ選手なんかは、サプリでクレアチンを摂取しています。

あわせて読みたい記事☞「B.B.Bトリプルビーの詳細と評判」

しかし、クレアチンの過剰摂取が原因ではないかと言われている副作用の症状がいくつかあって、よく聞く症状は、腹痛、下痢、そして肥満

クレアチンの合成は肝臓、腎臓、膵臓といった内臓器官で行われるため、いきなり大量のクレアチンを摂取すると、これらの臓器に負担がかかったり、腸に悪影響を与える可能性も…。

…と、ちょっぴり脅してしまいましたが、乳製品やさつま芋を大量に食べすぎて、お腹がゴロゴロしたり、激しい腹痛を起こした経験ってありませんか?

乳製品やさつま芋はちょっと食べただけでお腹いっぱいになるから過剰摂取はむずかしいけど、サプリなら一度に大量の栄養を摂ることができる。

サプリで副作用が出たという人は、一日の規定量を無視して過剰摂取をしたせいです。

もしあなたが消化器系が弱くて心配なら、最初は少量から飲み始めて、自分に合った量を見極めましょう。

その他の成分の副作用

筋肉サプリに含まれている副成分は特殊なものではありませんが、人によってはアレルギー反応を起こす成分もあります。

例えば、生姜、胡椒、ポリフェノールなど。

要チェック!☞「メタルマッスルHMBの詳細」

あなたがアレルギー反応を起こす成分が含まれていないかどうか、購入する前にしっかりと配合成分を確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする